温泉津町温泉街に登場したcafe bar「路庵(ROAN)」は、路往く人に懐かしさと優しい時間、心の潤いをご提供するために生まれました。

16世紀、神谷寿禎が発見し、世界に「銀の国」として知られることとなった石見銀山(島根県大田市)。その銀を求めて人々が押し寄せ大航海時代が始まりました。当時は貿易港としてこ栄えたこの地にも空前の賑わいをもたらしたと言われています。今はひっそりと佇み往時をしのばせる温泉街で歴史散歩と洒落てみませんか?

ここにタイトルバナー

路庵TOP
路庵について
おしながき
温泉津を語る
News(新着情報)
2Fへ

Roan
 

Menu
 

Yunotsu
 

News
Blog

2F
 

ものづくり集団
こだわり焼酎

TEL-FAX 0855-65-2777  E-mail info@cafe-roan.jp

温泉津町温泉街

07海神楽フォト掲載!

温泉津ファン・海神楽ファン・路庵ファン他多くの方々からの熱い要望により、07海神楽当日の様子を掲載します。
見に行きたいけど来れなかった方々へ少しでも海神楽の臨場感が伝わればと思います!

今年は酷暑の中、海神楽が始まり舞手も大変熱かったことでしょう。しかし日が暮れるにつれその暑さも忘れさせるほどの今年一番の夕日が日本海に姿を現し、息をのむ美しさに改めて島根に生まれたことを感謝しました!

日が暮れていつものかがり火がたかれると神楽の演目も佳境に入り大蛇では、初めて見た観光客の方々から驚きと絶賛の拍手をいただきました。いつも見慣れている大蛇ですが、初めて見る県外の方々には長い大蛇を巧みに操るその雄大さに感動を与えていたことにこれまた改めて地元郷土芸能が誇れることを再確認しました。もっと日本中の人々いや世界中の人々にこの「石見神楽」を見ていただければと思いまた、温泉津まで足を運んでいただき地元で見る神楽を味わっていただきたい!そう思いました。

京都造形大学の学生の皆様、温泉津舞子連中の皆様、銀の道商工会青年部の皆様、ご協力・御華をいただきました皆々様に感謝申し上げ、来年も開催できますことを祈念します!ありがとうございました!

 

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景07海神楽風景

07海神楽風景07海神楽風景

Copyright(c) Roan, All Rights Reserved
Produced by NEO-LINK