温泉津ものづくりネットワーク

 

CONTENTS

温泉津ものづくりネットワークとは

温泉津ものづくりネットワークの活動・実施内容

写真で見る温泉津の町並み

リンク

 

温泉津舞子連中ブログ

海神楽

cafe bar 路庵

NPOものづくり工房

温泉津ものづくりネットワークができるまで

 

温泉津ものづくりネットワーク 目的と考え方


背景
温泉津町は、その名のとおり「温泉」と「港(津)」の町です。
温泉津の歴史は、この温泉と港(海)によって彩られてきました。
現在の原風景、それは温泉津が歩んできた歴史の中にあります。

温泉の発見伝説は、タヌキが登場しますが、温泉津温泉には、日本神話の大国主命が病気治癒のために人々に伝えたという伝説もあります。

また中国は明国の時代(中世室町〜江戸時代初期)、温泉津は明国の古文書にもその名が記されており、大陸との交流基地であったことが伺えます。

温泉津の歴史は中世に大きく変わります。それは、日本史上最大の埋蔵量を誇った石見銀山の存在が大きな要因でした。中世室町時代に発見された石見銀山は、折からの戦国大名争奪の的となり、産出量最盛期を迎えた江戸時代初期以降は、徳川幕府直轄の天領地として幕末まで続き、明治・大正時代にまでその存在を歴史に留めています。温泉津の歴史が時に華やかで、時に激しいドラマ性に富んでいるのは、こうした石見銀山を背景にした栄枯盛衰物語のメイン舞台となったからなのです。

博多の豪商神谷寿貞が温泉津沖泊の入江から山間の道を通り銀山を発見して以来、温泉津は交易港としてスタートをきり、神谷寿貞が通った道がやがて石見銀山街道という人と荷駄が著しく往来する産業道路になりました。

江戸時代初期、北前船航路の風待港として、温泉津は新たに飛躍していきます。石見銀山経営を支える生産と暮らしの物資流通の拠点となり、また「はんど」という名の温泉津焼を全国に移出する港として大きく繁栄していきます。

今に残る温泉津温泉街の町並み、豪商屋敷、神社仏閣、山々に残る城跡、小さな入江の「鼻ぐり岩」がそうした歴史栄華を伝えます。温泉津の原風景、それはこうした歴史ドラマに培われ、人々の暮らしに溶け込み、今日に至っているのです。

 

考え方
温泉津の原風景は、温泉津だからこそ存在するものもあります。今に残るものはどれ程の価値があるというのでしょうか。しかし、私たちは、それが町の大切な遺産、未来への資源として、その価値を認識し、それを守り、それを育ててきたとは言えないでしょう。

これからも我々は温泉津に住み育ち、一住民の役割として、一人ひとりがそれらを未来の後継者に正しく伝えていく提唱者にならなければなりません。

我々は温泉津らしさを演出し「ものづくり」を実践します。
温泉津らしさとは、これまで温泉津に関わりのある人々が築き育てた歴史と温泉津の自然によって表現されるのですが、それは明確に言えるものではなく、また、温泉津にはこれという誇らしく、自慢するような特定なものがありません。

温泉津らしさは表現出来ません。温泉津のものづくりは、無の中から現代の温泉津らしさを創るため、歴史と自然の交わりを追求し、それが形となるように模索していかなければなりません。
ものづくりは、何処にでも出来る、何処にでも通用するものではダメなのです。ただ、名前だけ変えれば・・・というものではダメなのです。温泉津が見え、
創り手の顔が見えなくてはなりません。
唯一、何処にでもある自然は温泉津にも存在しますが、温泉津だけに存在する自然は、四季折々移り変わる海と山、その空間に漂う町並みです。

 

何を創る
温泉津の生活は、自然と歴史の二つの大きな力に支えられてきました。
温泉津の人もこの二つの力によってつくられたように、素朴でおおらかな感性と静かで秘めた情熱を備えていると思いますが、現実は、物事に対して奥手であり、非常に他人任せのような気質を多分に持っています。

このようななかで温泉津のものづくりを始めるのは非常に困難が伴うと思います。これまでもいくつかの挫折を繰り返してきました。しかし、我々はもう一度、原点からの挑戦をします。

温泉津のものづくりは、最初は無名なものかもしれません。その創るものとは、温泉津での生活全てのものの中心であるように、生活に直結したものです。
「もの」とは、自然と人間の交わりによって生まれてきたように、創る「もの」は、人々の生活に直結しているものを言います。
ものづくりの基本となる「人」とは、温泉津に生まれた人、来る人、住んでいる人、また出身者が創る人のことを言います。

創るもの、それは「陶器」「ガラス」「石」による日常雑器。名物と言われるような「農産加工品」。そして地域の郷土芸能である「石見神楽」をアレンジした創作芸能。それらを考える「知的財産(デザイン)」を言います。
そのものに美を交え、感性を固定化せず、創る「もの」、それを使う「人」との顔が見えるものでなくてはなりません。自然のもつ不思議さを追求し、また、伝統芸能の継承と創造の中での驚きを語りながら、その魅力を温泉津らしさに演出していきます。
そうしていくうちに、温泉津らしさは生まれてくるでしょう。

 

ものづくりへの夢
全てのものには伝統があります。伝統は我々の祖先たちが伝えてくれた大切な遺産です。温泉津の文化に固有な性質を与えているのも、かかる伝統の力です。温泉津の文化もこの伝統に基づいて築きあげられてきました。これから創るものにどんな価値を見出し得るか、それは定かではありません。
温泉津にはどんな品があり、どんな材料があるか、またどんな技術があり、どんな人たちが居たのかをあらためて理解しなくてはなりません。
温泉津には焼き物をつくる土、ガラスをつくる砂、石碑をつくる石、それらを材料に様々な生活用具が作られてきました。それは、温泉津で生まれた固有な姿を示し、特色があります。また石見神楽といった伝統芸能、地域ごとの祭事にも特色があり独創性があります。
これからのものづくりに求めるのは「創造」です。どんな性質の美しさがそこに表れるのかわかりません。ものへの理解を深め、ものに美しさを与えることこそ我々のものづくりの基本とします。
温泉津でのものづくりは、これをもって新たな温泉津文化とします。

 

計画の実践
我々「温泉津ものづくりネットワーク」は、素朴でおおらかな感性と静かで秘めた情熱を持ち、これまでの理念を目標に、多様な価値観と高度な感性を養うため、グローバルに通用するものを創らなければなりません。
そのため我々には、強固なパートナーが必要になります。そのためには、美的感性を高めようとしている高度な教育機関との連携が絶対に重要となります。
温泉津の新しい時代の美の創造と発展のため、京都造形芸術大学の力を借りて様々なデザインを研究し、美のあり方を追及したものづくり、人づくりを進め、ものや芸能の製作・創作を行なっていくとともに、我々が地域の先駆者となって、新たな地域文化の創造と情報発信を行っていきます。
温泉津の風土と先人たちが築きあげてきた「ものづくり文化」を継承し発展させ、温泉津の新しい21世紀における製品・文化・芸能を創っていきます。

 

Copyright(c) Yunotsu Creative Network, All Rights Reserved

Produced by NEO-LINK